baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / development / 全体的な変更点

全体的な変更点

プラグインの名称変更

baserCMS4においては、コア(baserCMS本体)は、特別なライブラリの位置づけとして開発され、他のプラグインの区別をするために、 Core をいう表記を使っていましたが、
ucmitzでは、CakePHPのプラグインとして開発されているため、プラグイン名 BaserCore として取り扱います。

その他、コアプラグインの名称も変更となります。

 

ユーティリティの変更

BcUtil の変更

BcUtil 等を配置していた libUtility に変更しています。

 

basic.php の変更

basics.php 関数について BcUtil に静的メソッドとして統合していきます。
getVersion()BcUtil::getVersion()

 

Component の変更

BcReplacePrefixComponent の廃止

UsersController を 管理画面や、マイページなどで使い回すための仕組みでしたが、複雑さを増すため、一旦、廃止としました。

 

Behavior の変更

BcCacheBehavior の廃止

BcCacheBehaviorは廃止とします。

 

Controller の変更

管理画面のパンくずリストの廃止

管理画面のパンくずリストは廃止とします。

 

データの取扱の変更

site_id の変更

baserCMS4では、メインとなるサイトの設定情報を site_configs に保存していましたが、ucmitz からは、メインサイトの情報も
sites テーブルに保存するようになりました。
したがって、メインサイトの site_id が、0 から 1 へと変更となっています。

 

Ajax処理の変更

管理画面での Ajax処理については、全て REST API に移行します。
REST API は、Jwt認証を利用しているため、Ajax処理を実装する場合は、$.bcJwt を利用してアクセストークンを付与する必要があります。

$.ajax({
    url: $.bcUtil.apiBaseUrl + 'baser-core/plugins/get_market_plugins',
    headers: {
        "Authorization": $.bcJwt.accessToken,
    },
    type: "GET",
    success: function (result) {
        $("#BaserMarket").html(result);
    }
});

なお、アクセストークンは、管理画面へのログイン時に取得し、リフレッシュトークンをローカルストレージに保存し、 admin/startup.js にて、毎画面ごとにリフレッシュトークンを利用して新しいアクセストークンを取得しています。

 

BcSecurity.csrfExpires の廃止

CSRFは、SecurityComponent から、CsrfProtectionMiddleware に移行となりました。
それに伴い、baserCMS側から介入できなくなったため、設定値 BcSecurity.csrfExpires は廃止となっています。
デフォルト値はブラウザセッションです。設定したい場合は、Application クラスにて expiry で設定します。