baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / development / migration / データベースにおける注意点

データベースにおける注意点

マイグレーションファイルの変更をテータベース構造に反映する

誰かがテータベース構造を変更した場合は、反映するために、コンテナにログインし、migrationの実行を行う必要があります。
※CakeSchemaはなくなったので、Console/cake schemaコマンドは使えません

bin/cake migrations migrate --plugin BaserCore

 

特定のマイグレーションをデータベースに反映する

bin/cake bake migration CreateSamples --plugin BaserCore

参考: Migrations/マイグレーションファイルの作成/シンタックス

そして、plugins/baser-core/config/Schemaのスキーマを参考にカラムを定義してください

 

特定のシードをデータベースに反映する

bin/cake migrations seed --seed SamplesSeed --plugin BaserCore

参考: Migrations/seed : データベースの初期データ投入

 

データベースのデータをFixtureに反映する

bin/cake bake fixture -r -f -n 20 -s samples --plugin BaserCore

 

データベースの変更内容をマイグレーションに反映する

bin/cake bake migration_diff CreateTableName --plugin PluginName   

差分がうまく反映されない場合は、baserCMS4のスキーマからマイグレーションを作成してください。

baserCMS4のスキーマをマイグレーションファイルに変換する方法

 

データベースのデータをシードに反映する

bin/cake bake seed --data TableName --plugin PluginName