baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / development / migration / セキュリティコンポーネントにおける注意点

セキュリティコンポーネントにおける注意点

セキュリティコンポーネントでは、これまれでより、CSRF対策と、SSL要求、バリデートポストの3つを実施してきていたが、CakePHP4系より、CSRF対策は、ミドルウェアに移行となっている。

 

POST送信について

POST送信を行う場合、上記3つのセキュリティ対策が発動する。
baserCMS5よりは、データの変更を伴う処理について、原則 POST送信を要求するものとする。

 

PHPによるフォーム送信

BcAdminFormHelper によりフォームを作成すると特に問題なく送信できる。

バリデートポストよりフィールドを除外する

// ビューにて
$this->BcAdminForm->unlockField('field_name')

バリデートポストよりアクションを除外する

// Controller::beforeFilter()にて
$this->Security->confit('unlockedActions');

なお、データ変更時にCSRF対策はマストとなった。

リンクによるPOST送信

postLink メソッドにより、フォームを作成せずとも簡単にPOST送信ができる。

  echo $this->BcAdminForm->postLink(
    __d('baser', 'ツリー構造をチェックする'),
    ['controller' => 'utilities', 'action' => 'verity_contents_tree'],
    [
      'confirm' => __d('baser', 'ツリー構造をチェックします。よろしいですか?')
      'class' => 'bca-btn'
    ]
  );

 

Javascriptによるフォーム送信

CSRFトークン取得

bcToken クラスを利用して、最新のトークンを付与して送信する。
バリデートポストに必要なトークンは取得できないので、バリデートポストよりアクションを除外する必要がある。

// CSRFトークン取得
$.bcToken.check(function () {
	form.append($.bcToken.getHiddenToken());
	form.submit();
});

リンクによるPOST送信

リンクに bca-submit-token クラスを付与する事で、CSRFトークンを取得した上で、POST送信ができる。
ただし、こちらもバリデートポストに必要なトークンは取得できないので、バリデートポストよりアクションを除外する必要がある。

  $this->BcBaser->link(
    __d('baser', 'ツリー構造リセット'),
    ['controller' => 'utilities', 'action' => 'reset_contents_tree'],
    ['class' => 'bca-submit-token bca-btn']
  );

バリデートポストを実行するには、$this->BcAdminForm->postLink() を利用する。
こちらは内部的に、bca-submit-token を付与する仕様となっている。