baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / specification / baser core / common / アクセスルール設計

アクセスルール設計

認証

管理画面、APIともに、認証を必要とする事を前提として、認証が不要なメソッドについては、都度、コントローラーの beforeFilter() にて定義する。

$this->Authentication->allowUnauthenticated(['view']);

 

アクセス対象の定義

 

URLアクセス制限

URLにおけるアクセス制限については、BaserCore/AppController::beforeFilter() にて、PermissionsService::check() を利用して行う。
ログインしている事を前提とし、ユーザーグループごとの権限を判定する仕組みとし、権限がない場合は、Forbidden エラーを発生する。

判定方法

アクセス権限の判定方法については、permissions テーブルを参照し、所属するグループが対象URLについて許可となるデータを持っているかどうかで判定する。

URL形式

permissions に保存する URLについては、ワイルドカードの利用を可とする。

# 設定値
/baser/admin/baser-core/sites/*
# 判定URL
/baser/admin/baser-core/sites/index   # 可
/baser/admin/baser-core/sites/edit/1  # 可

# 設定値
/baser/admin/baser-core/sites/*/1/*
# 判定URL
/baser/admin/baser-core/sites/index   # 不可
/baser/admin/baser-core/sites/index/1  # 可
/baser/admin/baser-core/sites/index/1/1  # 可
/baser/admin/baser-core/sites/index/2/1  # 不可

アクセスルールの自動ビルド

アクセスルール(permissions)のデータは、baserCMSのインストール時、または、対象プラグインのインストール時に自動生成する。
自動生成においては、config/permission.php 内の設定 permission を参照して行う。

return [
    'permission' => [
        // アクセスルールグループ識別名
        'UsersAdmin' => [
            // アクセスルールグループタイトル
            'title' => 'ユーザー管理',
            // プラグイン名
            'plugin' => 'BaserCore',
            // タイプ(Admin / Api)
            'type' => 'Admin',
            // アクセスルールのアイテム
            'items' => [
                // アクセスルールの識別名
                'Index' => [
                    // アクセスルールタイトル
                    'title' => '一覧',
                    // アクセス対象のURL
                    'url' => '/baser/admin/baser-core/users/index',
                    // メソッド(* / GET / POST)
                    'method' => '*',
                    // アクセス可否
                    'auth' => false
                ],
                'Add' => [
                    'title' => '新規登録',
                    'url' => '/baser/admin/baser-core/users/add',
                    'method' => 'POST',
                    'auth' => false
                ],
                'Edit' => [
                    'title' => '編集',
                    'url' => '/baser/admin/baser-core/users/edit/*',
                    'method' => 'POST',
                    'auth' => false
                ],
                'EditSelf' => [
                    'title' => '自身の編集',
                    'method' => 'POST',
                    'url' => '/baser/admin/baser-core/users/edit/{loginUserId}',
                    'auth' => true
                ],
                'Delete' => [
                    'title' => '削除',
                    'method' => 'POST',
                    'url' => '/baser/admin/baser-core/users/edit/*',
                    'auth' => false
                ]
            ]
        ]
    ]
];

設定がプラグインに存在しない場合は、次のURLを自動で登録する。

/baser/admin/plugin-name/*

また、グループごとに初期化して再度、自動ビルドを行う事ができる。

システムURLの定義

管理画面よりAJAXとして呼び出すAPIについては、設定BcPermission.defaultAllows に登録しておく事で、強制的に制限を解除できる。

return [
    'BcPermission' => [
        'defaultAllows' => [
            '/baser/admin/baser-core/dashboard/*',
            '/baser/admin/baser-core/dblogs/*',
            '/baser/admin/baser-core/users/logout',
            '/baser/admin/baser-core/users/back_agent'
        ]
    ]    
];

 

パラメーターアクセス制限

パラメーターにおけるアクセス制限については、コントローラーの各メソッドごとに定義をします。
権限がない場合は、Forbidden エラーを発生する。

 

URLアクセス制限登録のUI

アプリケーション側が提供する初期設定(初期ビルド)で運用する事を前提とし、連続登録が行いやすいUIではなく、カスタマイズにおける微調整がしやすいUIとする。

アクセスルールグループ一覧

基本的にアクセスグループは自動ビルドを前提とし、新規登録画面は提供しない。

アクセスグループ一覧
 

アクセスルールグループ詳細

グループに関連づくルールの一覧を一括で保存できる。

アクセスグループ詳細

アクセスルール編集

従来の編集画面だが、ルールグループを設定できる仕様にする。

アクセスグループ詳細

 

APIの利用設定について

config/.env 内の設定 USE_API によって、利用するかしないかの設定を可能とする。
デフォルトはオフとする。