baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / specification / baser core / 固定ページ設計書

固定ページ設計書

固定ページとは、Webサイト内に配置できる単一ページコンテンツであり、固定化された一意のURLを持ちます。
 

ユースケース図

ユースケース図:固定ページ管理

 

機能

下書き保存

公開する前の記事を下書きとして保存することができます。

固定ページテンプレート切り替え

フロントページにおいて固定ページ記事を包み込むテンプレートを設定することができます。個別に指定する事もできますし、所属するフォルダで指定する事もできます。
templates/Pages/ 配下に配置したテンプレートより選択する事ができる。

プレビュー

作成した固定ページのフロントエンド側における表示状態を確認する。非公開状態でも確認が可能。

固定ページを表示する

本稿記事を表示する。

 

ucmitzにおける仕様変更

baserCMS4までは、記事を保存するタイミングで記事本体のテンプレートを書き出す仕様となっており、フロントページからは、DBにアクセスすることなく、そのテンプレートを読み込んでいましたが、ucmitzからは、DBを参照する仕様となり、テンプレートの書き出しは廃止とします。
それにより、様々なメソッドが廃止となります。

 

ドメインモデル図

固定ページ

ドメインモデル図:固定ページ

 

クラス図

固定ページ

クラス図:固定ページ

 

固定ページAPI

クラス図:固定ページAPI