baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / specification / bc custom content / カスタムテーブル設計

カスタムテーブル設計

コンテンツ管理で利用できるコンテンツ、または、カテゴリやタグのマスターとして利用するためのテーブルを作成する事ができる。

ユースケース図

ユースケース図:カスタムテーブル

機能

一覧表示

カスタムテーブルの一覧を表示する

新規登録

カスタムテーブルを新しく登録する。
登録時にカスタムエントリーのDBテーブルを新規作成する。

# カスタムエントリーDBテーブルの命名規則
custom_entry_{カスタムテーブルID}_{カスタムテーブル識別名}

初期フィールド

新規登録時には次のフィールドを初期フィールドとしてDBテーブルに追加する。ただし、タイプが group の場合は登録しない。

編集

既存のカスタムテーブルの内容を更新する。
識別名が変更となった場合は、DBテーブル名をリネームする。

関連フィールド一覧

カスタムテーブルに関連するカスタムフィールドの一覧を表示する。
group に所属する場合は、入れ子で表示する。
関連フィールド詳細へのリンク、カスタムフィールドの編集画面へのリンクを表示する。

削除

既存のカスタムテーブルを削除する。
削除時に次の処理を行う。

フィールドとの関連付け

カスタムフィールドで定義したフィールドを複数関連付けることができ、タイトルの変更、並び替え、削除もできる。
関連付けを追加した際には、カスタムエントリーのDBテーブルにカラムとして追加し、削除した場合は、対象カラムを削除する。
リアルタイムでの処理ではなく、保存ボタンを押した際に一括で処理を行う。

プレビュー

コンテンツ管理と連携している場合には、非公開状態の場合でもプレビューを確認することができる。

階層設定

関連するカスタムエントリーが階層化情報を持つかどうかを定義できる。

ドメインモデル図

ユースケース図:カスタムテーブル

 

クラス図

管理画面

ユースケース図:カスタムテーブル

 

API

ユースケース図:カスタムテーブル