baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / specification / bc installer / インストーラー設計書

インストーラー設計書

baserCMSのセットアップとして、サーバー環境のチェック、DBの構築、管理者ユーザーの作成、および、初期設定を行う。

ユースケース図

ユースケース図:固定ページ管理

 

機能

ブラウザインストール

composer でライブラリのインストール

インストーラーを動作させるために、composer を利用してライブラリのインストールが必要となる。
/composer_installer.php として、単独のファイルとして実装する。

ブラウザでアクセスした際、/vendor/autoload.php が存在しない場合に、/webroot/index.php より呼び出す。 インストールが完了すると、baserCMSのインストーラーに遷移する。

サーバー環境のチェック

基本必須条件

インストール要件として次の項目をチェックする

オプション要件

データベースの接続チェック

ホスト名、ユーザー名、パスワード、DB名を入力し、データベースへの接続ができるか確認する。

データベースの構築

Migration を利用してデータベースにテーブルを作成する。

初期設定

次について入力、選択し初期データのセットアップを行う。

※ セットアップ処理の実装については、Seedは利用せず CSV を利用する。

サイト名と管理ユーザー登録

次について入力し、ログインするための管理ユーザーを作成する。

インストール完了時に完了メールを送信する。

 

コマンドラインインストール

ワンラインのコマンドでインストールができる。

 

リセット

データベースと設定をリセットする。

バックアップダウンロード

※ 実装方法検討要。SeedにするかCSVにするか、どこに実装するか。

 

ucmitzにおける変更点

 

クラス図

インストーラー

クラス図:インストーラー