baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / specification / bc search index / 検索インデックス設計書

検索インデックス設計書

検索インデックスはサイト内検索を行うためのデータを指す。
固定ページの他、各種プラグインのデータを横断して検索する事を可能とするため、
各コンテンツの作成時に検索インデックスにも検索用のデータを作成する。
また、更新時、削除時にも検索インデックスに対して反映を行う。

ユースケース図

ユースケース図:検索インデックス

 

機能

コンテンツ作成時に連携して作成する

新規コンテンツを作成する際に、検索インデックスを作成する。
対象テーブルにて、BcSearchIndexManagerBehavior::saveSearchIndex() を利用して保存する。

コンテンツ更新時に連携して更新する

コンテンツを更新する際に、検索インデックスを更新する。
対象テーブルにて、BcSearchIndexManagerBehavior::upadteSearchIndex() を利用して更新する。

コンテンツ削除時に連携して削除する

コンテンツを削除する際に、検索インデックスを削除する。
対象テーブルにて、BcSearchIndexManagerBehavior::deleteSearchIndex() を利用して削除する。

検索・一覧表示する

検索インデックス一覧を表示する。
タイプ、サイト、フォルダ、キーワード、公開状態、優先度で検索ができる。

削除する

検索インデックスを削除する。

一括削除

対象を指定して検索インデックスを一括削除する。

優先度を変更する

フロントページでの検索時に上位表示させるための優先度を変更する。
Api\SearchIndexesController::change_priority() を利用してAjaxで更新する

フロントページで検索・一覧表示する

フロントページにて、サイト、フォルダを指定してキーワード検索ができる。表示の際は、優先度順とする。

 

ドメインモデル図

ドメインモデル図:検索インデックス

 

クラス図

管理画面

クラス図:検索インデックス管理

API

クラス図:検索インデックス管理