baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / test / フィクスチャの利用

フィクスチャの利用

CakePHP4.3 より、これまでのフィクスチャマネージャーが非推奨になり、フィクスチャファクトリの利用が推奨されています。
フィクスチャのスキーマとデータ管理の責務が分割を目的とし、フィクスチャの複雑化の防止と、初期化処理の高速化ができるようになっています。

従来のフィクスチャ

$import でテーブルを指定し、init() で、$record にデータを定義。

    public $import = ['table' => 'content_folders'];
    public function init(): void
    {
        $this->records = [
            [
                'id' => '1',
                'folder_template' => 'baserCMSサンプル',
                'page_template' => '',
                'created' => '2016-08-10 02:17:28',
                'modified' => null
            ]
        ];    

 

新しいフィクスチャ

フィクスチャファイル

$importinit() も定義せず、利用するかどうかを示すためだけに定義します。
全てを移行するには時間がかかるので、空のフィクスチャは、Empty ディレクトリに入れるようにします。

// plugins/baser-core/tests/Fixture/Empty/UsersFixture
namespace BaserCore\Test\Fixture\Empty;

use Cake\TestSuite\Fixture\TestFixture;

/**
 * Class UsersFixture
 */
class UsersFixture extends TestFixture {}

フィクスチャファクトリ

データを生成するためのクラスです。各エンティティごとに定義します。
複数のデータを一括で作成できるなどのメリットがあります。また、Faker を利用することで、ランダムな文字列などを当て込むことができます。

作りたいレコードの種類ごとにメソッドを用意する方針で利用していきます。

namespace BaserCore\Test\Factory;

use CakephpFixtureFactories\Factory\BaseFactory as CakephpBaseFactory;
use Faker\Generator;
class UserFactory extends CakephpBaseFactory
{
    /**
     * 管理ユーザーに設定する
     * @return UserFactory
     */
    public function admin()
    {
        return $this->setField('id', 1)
            ->setField('user_group_id', 1);
    }
}

フィクスチャシナリオ

データを利用したいシチュエーション別にシナリオを用意することができます。
例えば、インストール直後の最低限のデータや、大量のブログ記事データなど。

// 最低限のメインサイトと管理ユーザーをだけを準備する
namespace BaserCore\Test\Scenario;

use BaserCore\Test\Factory\SiteFactory;
use BaserCore\Test\Factory\UserFactory;
use CakephpFixtureFactories\Scenario\FixtureScenarioInterface;
class InitAppScenario implements FixtureScenarioInterface
{

    /**
     * load
     */
    public function load(...$args)
    {
        SiteFactory::make()->main()->persist();
        UserFactory::make()->admin()->persist();
    }

}

 

フィクスチャファクトリの利用方法

make() メソッドで、データを作り、persist() で永続化(DBへ保存)します。

// status が有効なユーザーを5名保存
UserFactory::make(['status' => true], 5)->persist();
// 無効ユーザーを100人追加
UserFactory::make(100)->suspended()->persist();

 

フィクスチャシナリオの利用方法

loadFixtureScenario メソッドを利用して、クラスを読み込む事で実行します。
なお、ScenarioAwareTrait の実装が必要です。

// シナリオを利用して無効ユーザーを50人追加
$this->loadFixtureScenario(SuspendedUsersScenario::class, 50);
// 最低限のメインサイトと管理ユーザーをだけを準備する
$this->loadFixtureScenario(InitAppScenario::class);

 

データの初期化について

テストの実行後にデータの初期化を行うには、$fixtures の定義が必要です。
$fixtures に定義されているテーブルが初期化対象となるためです。

public $fixtures = [
    'plugin.BaserCore.Factory/Users',
    'plugin.BaserCore.Factory/Sites',
];

定義の仕方は従来と同じなのですが、この時に、フィクスチャファイルに、$record の定義が入っていると混乱を生む原となってしまいます。
Factory ディレクトリ内に定義した、空のフィクスチャファイルを利用するようにしましょう。

なお、初期化方法については、truncate(TruncateStrategy) と DB のロールバック(TransactionStrategy)があるのですが、ロールバックの方が高速であるため、初期状態ではこちらを設定しています。
ロールバック時の問題としては、インクリメント値が初期化されないため、テストにおいて初期化される事が前提となっている場合は、明示的にインクリメント値を初期化するか、TruncateStrategy を利用するようにテストケースクラスに定義します。

// 親の setUp() の前に実行する
public function setUp(): void
{
    $this->setFixtureTruncate();
    parent::setUp();
}

また、TransactionStrategy を利用している場合は、データベースに保存されているものの、
トランザクションとして commit されませんので、ブレークポイントでプログラムを止めて、
phpMyAdmin などのツールからデータの保存を確認するという事ができませんので注意が必要です。

確認したい場合は、setFixtureTruncate() メソッドで、truncate に切り替えてからテストを実行してください。

 

SAVEPOINT LEVEL1 does not exist が発生した時の対応方法

DBトランザクションを利用しているメソッドのテストを行う場合に「SAVEPOINT LEVEL1 does not exist」というエラーが発生する事があります。

フィクスチャーにて、TransactionStrategy を利用している事に起因する場合があり、その際、TruncateStrategy に変更する事によってエラーを回避できます。

public function setUp(): void
{
    $this->setFixtureTruncate(); // TruncateStrategy に変更、setUp() の前で定義する
    parent::setUp();
}