baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / basic / アーキテクチャー設計方針

アーキテクチャー設計方針

ビジネスロジックの実装対象

ビジネスロジックの実装は、テーブルクラスではなく、
サービスクラスに実装し、コントローラーにおいては、テーブルクラスを直接利用することはせず、
そのサービスクラスを利用します。

 

構成の全体像

 

サービスクラスの実装

サービスクラスは、ユースケースを定義します。テーブルクラスと対になるクラスを用意してもよいですが、
基本的には役割ごとに用意することが望ましいです。

最初は1つのクラスで実装を行い、肥大化に伴い役割を分けファイルを分割するとよいでしょう。

サービスクラスを作成する際は、まずインターフェイスを定義します。

インターフェイスの定義

初期値データ取得、単一データ取得、一覧データ取得、リストデータ取得、登録、更新、削除などの基本的なDB操作を実装する場合は、CrudBaseServiceInterface を継承すると便利です。

// baser-core/src/Service/UserServiceInterface.php
interface UserServiceInterface extends CrudBaseServiceInterface
{
    public function get($id): EntityInterface;
}

サービスクラスの実装

作成したインターフェイスを実装するようにサービスクラスを定義します。

// baser-core/src/Service/UserService.php
class UserService implements UserServiceInterface
{
    public function get($id): EntityInterface;
    {
        // 実装
    }
}

サービスクラスの命名規則

テーブルと対にしてサービスを提供する場合はエンティティの複数形にServiceを付け加えます。

User -> UsersService

なお、サービスクラスはできるだけ状態を持たないように実装します。

 

利用するサービスの定義

利用するサービスはサービスプロバイダで定義します。

メンバー変数 provides に利用するサービスのインターフェイスを定義し、services メソッドにて、
DIコンテナを利用して、利用するサービスのインターフェイスごとに、実装するサービスクラスを追加します。

// baser-core/src/ServiceProvider/BcServiceProvider.php
class BcServiceProvider extends ServiceProvider
{
    protected $provides = [
        UsersServiceInterface::class
    ];
    
    public function services($container): void
    {
        $container->add(UsersServiceInterface::class, UsersService::class);
    }

}

 

コントーローラーの実装

コントローラーでは、引数に利用したいサービスのインターフェイスを定義すると、
サービスプロバイダで定義したサービスクラスを利用できます。

// baser-core/src/Controller/Admin/UsersController.php
class UsersController extends BcAdminAppController
{
    public function index(UsersServiceInterface $userService)
    {
        // 処理を記載
    }
}

コントローラーではビジネスロジックをできるだけ実装せず、サービスクラスに実装して、それを利用します。

また、コントローラー内ではテーブルクラスを直接利用せつ、サービスクラスに利用する処理を実装し、そちらを利用するようにします。

 

コントローラーからビューへの変数の引き渡し

コントローラーからビューに変数を引き渡す場合は、コントローラーの処理が煩雑とならないよう、管理画面用のサービスクラスを作成し、そこで一括で生成した上で、一括で $this->set() に渡すようにします。

サービスに実装することで、引き渡す変数の明示化を行い、テスタブルなコードを目指します。

 

ヘルパーの実装

ヘルパーについては、適宜必要となるサービスクラスを利用することもできます。
CakePHP4では、ヘルパでのDIコンテナの利用ができませんので、代替措置として BcContainerTrait を利用します。

// baser-core/src/View/Helper/BcAdminUserHelper.php
class BcAdminUserHelper extends Helper
{
    use \BaserCore\Utility\BcContainerTrait;
    
    public $UsersService;
    
    public function initialize(array $config)
    {
        parent::initialize($config);
        $this->UsersService = $this->getService(UsersServiceInterface::class)
    }
    
    public function get($id)
    {
        $this->UsersService->get($id);
    }
}

管理画面用のサービスクラスを利用するヘルパーのクラス名はエンティティの複数形で次のようにしてください。

User -> UsersAdminHelper

管理画面だと一覧画面用と新規登録、編集画面用の役割を担うことになりますが、クラスが大きくなってきたら役割ごとに3つのクラスに分割します。

UsersAdminHelper // スーパークラス
UsersAdminIndexHelper // 一覧画面用
UsersAdminFormHelper // 登録編集画面用

なお、ラッパーとして実装したメソッドについては、サービスクラス側でテストを書き、ヘルパー側ではテストを書いたものとし、ヘルパーではテストは書きません。

 

APIの実装

APIは、コントローラーからサービスクラスを呼び出し実装します。

BcApiController を継承することによりJWT認証がかかる仕様となっています。

// baser-core/src/Controller/Api/UsersController.php
class UsersController extends BcApiController
{
    public function index(UsersServiceInterface $users)
    {
        // 実装
    }
}

参考

依存性の注入 - CakePHP4