baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / development / migration / 移行の流れ

移行の流れ

データベースのデータを作成する

SQLファイルよりデータベースにスキーマを作成

__assets/basercms4.sql より対象のテーブルの create 文と、 insert 文を探し、phpMyAdmin 等で、スキーマを作成し、データを投入します。
その際、ファイルの下の方に、Primary Key の作成と、auto increment の設定文があるのでそちらも忘れないように実行します。

ALTER TABLE `blog_categories`
  ADD PRIMARY KEY (`id`);
  
ALTER TABLE `blog_posts`
  MODIFY `id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT, AUTO_INCREMENT=3;

マイグレーションファイルを作成

データベースのデータを元にマイグレーションファイルを作成します。

bin/cake bake migration_diff CreateTableName --plugin PluginName    
bin/cake bake seed --data TableName --plugin PluginName

※ TableName、PluginName は任意の名称にします。

マイグレーションファイルの命名規則

上記コマンド例の「CreateTableName」の部分は、作成するマイグレーションファイルの名称となりますが、
マイグレーションファイルは、1テーブル1つ作成するようにしてください。

なお、マイグレーションファイルの命名規則は次のとおりです。

【命名規則】

参考: データベースにおける注意点

 

Entity を作成する

対象データ用の Entityを作成します。

 

Table を移行する

baserCMS4の Model は、Table へと移行します。とりあえずエラーが出なくなるようにするところまで調整していきます。

参考: モデルにおける注意点

既存の対象モデルを確認

/Model/Table/_NotYetMigratedに対象クラスがないか確認します。あれば Table直下に移動します。

バリデーションの移行

バリデーションは、validationDefault メソッドにて再定義します。
なお、独自バリデーションが存在する場合は、バリデーションクラスとして実装します。
次のようなファイル名として配置してください。テストも書きます。

/Model/Talbe/Validation/EntityNameValidation.php

validationDefault メソッドにて次のコードを定義することで利用できます。

 $validator->setProvider('entityName', 'BaserCore\Model\Validation\EntityNameValidation');

Serviceクラスへの移行を検討する

メソッドが対象テーブルのみについての処理でない場合、Serviceクラスへの移行を検討します。
移行する場合は、フォルダ内検索などで、メソッドの利用箇所の確認を行い、そちらのコードの変更も行います。

 

Table のテストを移行する

既存のテストを確認

/TestCase/Model/Table/_NotYetMigrated に対象クラスがないか確認します。あれば、Table直下に移動します。

Fixture を移行する

Fixtureは、/Fixture/Default 内のものをFixtureフォルダ直下に配置して移行します。
クラス名は単数形から複数形に変更してください。

また、import プロパティを定義します。

public $import = ['table' => 'sites'];

 

Service を作成する

Serviceクラスでは、まず、基本的なメソッドとテストを作成します。

参考: アーキテクチャー設計方針

Interface を作成

先に Interface を作成します。
初期値データ取得、単一データ取得、一覧データ取得、リストデータ取得、登録、更新、削除などの基本的なDB操作を実装する場合は、CrudBaseServiceInterface を継承します。

Service クラスを作成

CrudBaseInterface を継承したインターフェイスを利用する場合、定義された次の基本的なメソッドとテストを作成します。その上で必要に応じて他のユースケースとなるメソッドをを追加します。

ServiceProvider で利用サービスの定義

\BaserCore\ServiceProvider\BcServiceProvider にて利用するサービスの定義を追加します。

プラグインの場合は、{PluginName}\ServiceProvider\{PluginName}ServiceProvider に定義し、
{PluginName}\Plugin にてサービスプロバイダの追加を行います。

public function services(ContainerInterface $container): void
{
    $container->addServiceProvider(new BcSearchIndexServiceProvider());
}

 

API を作成する

REST API として基本的なメソッドとテストを作成します。
DIコンテナで Service クラスを注入して作成します。

 

Controller を移行する

DIコンテナで Service クラスを注入し実装し、テストを作成します。
必要があれば処理を Serviceに移行し、ビューが正常に表示できるようにします。

参考: コントローラーにおける注意点

リクエスト判定を変更

postリクエストの判定を $this->request->is('post') に変更します。

表示に関する処理を View に移行する

$this->setTitle() / $this->setHelp() / $this->setSearch() を テンプレートファイルに移行します。

BcAdminHelper経由でテンプレートファイルの冒頭に配置します。

$this->BcAdmin->setTitle();
$this->BcAdmin->setHelp();
$this->BcAdmin->setSearch();

 

View を移行

参考: ビューにおける注意点
参考: ヘルパーにおける注意点

Viewクラスにヘルパを定義

管理画面の共通のヘルパは BcAdminAppView に定義することになりました。
新しいプラグインの場合は、{PluginName}AdminAppView として新たに View クラスを作成します。

新しい View クラスを読み込むには、{PluginName}AdminAppController を作成し、beforeRender にて、setClassName() で指定します。

// 例
public function beforeRender(EventInterface $event): void
{
    parent::beforeRender($event);
    if (isset($this->RequestHandler) && $this->RequestHandler->prefers('json')) return;
    if ($this->getName() === 'Preview') return;
    $this->viewBuilder()->setClassName('BcBlog.BlogAdminApp');
}

一覧のAjaxコードを削除

一覧でのAjax呼び出しは廃止になりました。次のような Javascript は削除します。

$this->BcBaser->js([
  'admin/libs/jquery.baser_ajax_data_list',
  'admin/libs/jquery.baser_ajax_batch',
  'admin/libs/baser_ajax_data_list_config',
  'admin/libs/baser_ajax_batch_config'
]);
<script type="text/javascript">
  $(function () {
    $.baserAjaxDataList.init();
    $.baserAjaxBatch.init({url: $("#AjaxBatchUrl").html()});
  });
</script>

配列のモデルデータをエンティティに置き換える

エディタの正規表現付きの置換機能で置き換えます。

例)
`/\$site\['.+?'\]\['(.+?)'\]/` → `\$site->$1`

エレメントの読み込み処理を変更

エレメントの読み込みパスについてモデル名をアッパーキャメルケースに変更します。

sites/index → Sites/index

ブラウザバリデーションの無効化

ブラウザバリデーションを無効にするため、BcAdminForm::create() の 第2引数に ['novalidate' => true] を追加します。

$this->BcAdminForm->control($entity, ['novalidate' => true]);

フォームコントロールのクラス名を削除

フォームコントロールにおいてクラス名は不要となりました。フィールド名だけに変更します。

$this->BcAdminForm->control('field_name');

各画面用のヘルパを作成する

テンプレート内の処理において、プログラムの処理はできるだけ冒頭にまとめ、可能であれば、ヘルパー化します。

ヘルパーは、 BcAdmin{EntityName}Helper として作成し、適宜、必要があれば BcContainerTrait を利用してサービスクラスを利用します。
メソッドを作成する際、サービスクラスのメソッドの完全なるラッパーメソッドで、シグネチャが全く同じ場合は、テストは書きません。

 

Javascriptを移行する

ID属性による参照の変更

フォームコントロールのID属性が、キャメルケースからハイフン区切りになっているので、それに伴いJavascript側のコードの変更を行います。

参考: BcAdminThirdの開発

 

メニューを表示する

/plugins/baser-core/config/setting.phpBcApp.adminNavigation を編集してメニューを表示します。