baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / etc / Docker環境の管理

Docker環境の管理

はじめに

Dockerfile では、コンテナ内の環境で何をするかを定義します。
PHPの環境については、DockerHub上のDockerイメージを元にコンテナを構築しているため
Dockerfileを変更して再ビルドしてもローカルのイメージだけしか変更できず、
同様の環境を共有するためには、DockerHubにイメージをプッシュする必要があります。

また、DockerHubは、2021年6月より、GitHub連携や、チーム連携を行う機能が有料化されており、baserproject では、まだ有料プランに加入していないため利用できません。
そのため、Dockerfile に変更を加えてDockerHubに共有したい場合は、プロダクトマネージャーに依頼する必要があります。

 

Dockerイメージのビルド

(1)Dockerfileに変更を加える

docker/dockerfile/ 内に Dockerfile があるのでそちらのファイルに変更を加えるか、新しくファイルを作ります。

(2)ビルド実行

docker build -t baserproject/basercms:5-php7.4 -f dockerfile/Dockerfile-php7.4 .

(3)コンテナを起動する

docker-compose up -d --force-recreate

 

新しいDockerイメージの共有依頼

Dockerfile の変更を GitHub にコミット後、baserCMSのSlack で、プロダクトマネージャーにDMで連絡してください。
(現在のプロダクトマネージャーは ryuring です。)

 

DockerHubへの反映手順

こちらの手順はプロダクトマネージャー向けです。

(1)DockerHubにログインする

baserproject アカウントでログインします。

docker login

(2)イメージをビルドしてDockerHubにプッシュする

amd64 と arm64 に対応する場合、ローカルに2つ同時に作成できず、ビルド後、DockerHubに直接プッシュする必要があるため、--push オプションを利用する必要があります。

cd docker/
# Dockerfile-php7.4 に変更を加え、それを元に「5-php7.4」とタグ付けする場合
docker buildx build --platform linux/amd64,linux/arm64 -t baserproject/basercms:5-php7.4 -f dockerfile/Dockerfile-php7.4 --push .
# latest を更新
docker buildx build --platform linux/amd64,linux/arm64 -t baserproject/basercms -f dockerfile/Dockerfile-php7.4 --push .

(3)ローカルのイメージを削除する

コンテナを起動する際、ローカルにイメージが存在する場合はそちらを利用してしまうので、削除して DockerHubより取得するようにします。

docker rmi --force baserproject/basercms:5-php7.4

(4)コンテナを起動する

ローカルにイメージが存在しないのでDOckerHubより取得して起動します。

docker-compose up -d