baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / preparation / 開発環境の構築

開発環境の構築

開発は、Docker Desctop で行います。

構築手順

事前準備

Docker Desktop をインストールします。

ucmitz をクローンする

ucmitz をクローンし、dev ブランチに切り替えます。

git clone https://github.com/baserproject/ucmitz.git
git checkout dev

docker-compose をコピーする

cp docker/docker-compose.yml.default docker/docker-compose.yml

※ このファイルは自由に編集可能です。

Docker を起動する

docker ディレクトリに移動してから Docker 起動します。

初期化に30秒ほどかかりますので、それを待ってからブラウザでアクセスしてください。 /docker_inited ファイルが作成されたら、以上で環境構築は終了です。

cd docker
docker-compose up -d

ローカルの ucmitz のディレクトリは、/var/www/html にマウントされています。

インストーラーを起動する

ブラウザで、次のURLにアクセスするとインストーラーが起動しますので、 baserCMS5インストール手順 に従ってインストールを進めます。

https://localhost/

管理画面にログインができなくなった場合は、 管理画面にログインができなくなった を確認してください。

 

コンテナへのログイン方法

docker ディレクトリに移動してからログインします。

cd docker
docker exec -it bc5-php /bin/bash

データベース情報

name value
host bc5-db
database basercms
user root
password root

 

環境を再構築する

PHPのコンテナを違うコンテナにする場合など、環境を再構築する場合は次の手順を踏みます。

# 初期化完了ファイルを削除
rm ./docker_inited
# dockerフォルダへ移動
cd docker
# docker-compose.yml.default の変更内容を反映する(必要があれば)
cp docker-compose.yml.default docker-compose.yml
# データベースのデータを削除
rm -rf ./volumes
# コンテナを再構築
docker-compose up -d --force-recreate

 

Dockerイメージを取得しなおす

Dockerイメージに更新があった場合に新しいイメージからコンテナを再構築する場合は、事前にローカルに保存されたDockerイメージを削除します。

cd docker
# docker を起動している場合は止める
docker-compose stop
# コンテナを削除する
docker rm bc5-php
# IMAGE ID を確認する
docker images
# イメージ削除する
docker rmi [IMAGE ID]
# その後、環境の再構築を実施する