baserCMS Documentation

Githubでこのページを編集

Home / 5 / ucmitz / regulation / 開発の手順

開発の手順

1. 開発対象 を選択する

開発対象については次の3つより選びます。

基本的には Issue をメインで対応し、対応できる Issue がなくなったら、機能要件一覧から機能の実装を検討します。実装できそうな機能がない場合は、ucmitz 進行管理の未対応分を対応していきます。

マーキング漏れをマークしている作業だけでも非常に助かります。

 

GitHubのIssue より選択する

GitHub の Issue 現在対象となっているマイルストーンの Issue より、対応する Issue を選択します。
担当することをコメントしておくと他の人作業がかぶりません。
(コラボレータは、Issue で担当するコメントを見つけたらその人を Assignees に設定してください)

 

機能要件一覧より選択する

機能要件一覧 にて各機能の仕様を確認し、現在進行しているマイルストーンの機能より取りかかれそうな機能な選択します。
機能要件一覧より選択する場合、次の項目を更新します。

(コラボレーターは、新しい Issueを見つけたら、適切なマイルストンを設定してください)

 

ucmitz 進行管理の未対応分より選択する

ucmitz 進行管理 にて作業状況の進捗を確認できますが、その中より未対応のものを対応していいきます。

中にはマーキングが漏れているものもありますので見つけた場合は コード移行時のマーキング を参考に、マーキングをお願いします。

どれからやればいいかわからない場合

どれから手を付けてよいかわからない場合は、 未実装のユニットテストに貢献する より、ユニットテストの実装をご協力ください。

 

2. ブランチを切る

Issue番号にもとづいた名称でブランチを作成し切り替えます。
(例) dev-#1

 

3. 機能を実装する

Issueの内容に従って機能を実装します。

 

4. ユニットテストの作成

テスト可能なメソッドを作成した場合は、ユニットテストも作成しておきます。
ユニットテストの作成と実行については ユニットテスト を参考にしてください。

 

5. マーキングを行う

コード移行時のマーキング を参考に、マーキングを行います。

 

6. プルリクエストを作成する

実装とテストが完了したら、自身のレポジトリにプッシュしDraft Pull Requestを作成します。
また、機能要件一覧 の状況を「レビュー待ち」に切り替えます。
作業が完了したら [Ready for review] をクリックすることで通常のPull Requestへ変更します

7. レビューとマージ

マージ担当者はコードをレビューし問題なければマージします。
また、実装担当者は、コードがマージされたら、機能要件一覧 の状況を「完了」に切り替えます。